今は色々なグッズなどが発売されているが、購入しても、自宅に届いても3日坊主などではダメだと思います。また、極端にバストアップに効くと言われている商品を食べ過ぎたりすることも良くないと思います。

冷えはバストアップに悪影響

また、それとは別に冷え症で、いつも体が冷えていることは良くないです。体が冷えてしまうことの原因とも関連しているとは思いますが、生活習慣が乱れているとバストも大きくなりにくいと感じます。最後に姿勢が悪いと変なところに肉がついて、胸につきにくいです。

バランスの良い食事で栄養補給

女性ホルモンを増やすと胸が大きくなると考えられています。食事のバランスも大切ですが十分な睡眠をとることも大事です。バストマッサージをして血行を良くすることでも、女性ホルモンの分泌を促してくれます。

大胸筋を鍛える

バストアップのために有効な手段として、大胸筋を鍛えることは結構有名だと思います。なぜかというと、大胸筋を鍛えることにより血行が良くなり、バストへ栄養が届きやすくなるとともに大胸筋によってバストが引き上げられる効果があるため、胸が垂れるのを予防してくれるからです。簡単なのは、合掌のポーズ。1回約30秒程度で効果が期待できるそうです。さらに、背筋を伸ばすこともバストアップには効果的!猫背になっていると血流が悪くなり、必要な栄養や女性ホルモンがバストまで届かなくなるからです。

バストのマッサージも効果的

最後にバストマッサージをすることで、胸の血行やリンパの流れが良くなりバストアップに必要な栄養や女性ホルモンを胸まで届けてくれます。

脂肪を付ける!

胸がない、何をしても大きくならないという場合はやせすぎが考えられます。バストアップには脂肪も必要です。そして、脂肪を付ける際にも気をつけるべきことがあります。胃腸がきちんと機能していないと、たくさん食べても栄養が吸収されません。食べ物をよく噛んだり、ストレスをためない生活をすることで、胃腸を活発にしておく必要があります。
例えば、ダイエットの時には避けたくなりますが、お肉やお米もバストアップにはとても効果的な食事です。また、エアコンなどで体を冷やしすぎたり、喫煙も血行が悪くなってしまうので注意する必要があります。女性ホルモンを増やすために、恋をするということでも女性ホルモンが分泌され、バストアップや肌がきれいになったりすることも期待できるそうです。